2007年12月02日

カルティエの歴史

世界中に愛されるカルティエの歴史です。

1847年、師匠であったアドルフ・ピカールのアトリエをルイ・フランソワ・カルティエが譲り受け、開業となりカルティエの歴史が始まります。
1874年、ルイ・フランソワ・カルティエは経営権を息子であるアルフレッドに譲ります。
1898年、アルフレッドの長男ルイを共同経営者とし、共にスタートします。

1904年、ルイ・フランソワ・カルティエが死去しました。この年はイギリス、スペイン国王の御用達店となり、長男ルイは、ブラジルの富豪飛行家であるサントス・デュモンに腕時計を製作しました。
1905年、ポルトガル王の御用達の店になります。
1906年、3人兄弟の残りの一人であるジャックがロンドン店の経営者になります。ルイはこの年、腕時計トノーを製作します。
1907年、ロシア皇帝の御用達の店となり、時計技術者であるエドモントジャガーと契約します。
1908年、シャム国王の御用達の店になります。

1910年、カルティエ&クリエーションのロゴ2Cが誕生します。
1911年、飛行家であるサントス・デュモンに作成した、腕時計を原型に作られたサントス・デュモンが発表されます。
1912年、腕時計ベニュアール発表し、世界で初めてダイヤモンドのバケットカットを製作します。
バゲットはフランス語で棒を意味します。ダイヤで用いられる段状のカットは長方形の宝石でルイ・フランソワ・カルティエが創出しました。
1913年、セルビア国王の御用達の店となり、ミステリークロック第一号が作成されました。
1914年、オルレアン公の御用達の店となり、パンテールデザインが発表されます。
1917年、腕時計タンクが発表されました。
1919年、ベルギー国王の御用達の店になります。

1921年、英皇太子エドワード8世の御用達の店となり、腕時計タンクサントレが発表されました。
1922年、腕時計タンクシノワとタンクアロンジェが発表されました。
1928年、腕時計タンクアギシェが発表されました。この腕時計は小窓で時間を見るデザインです。
1929年、エジプト国王の御用達の店になります。

1932年、腕時計タンクバスキュラントが発表されました。
1936年、腕時計タンクアシンメトリックが発表されました。
1939年、アルバニア国王の御用達の店になります。

1945年、ピエール・カルティエはカルティエ・ニューヨークとカルティエ・パリの社長に就任します。

1965年、ピエール・カルティエが死去します。
1967年、ベニュアールクラッシュウォッチが発表されました。
1968年、カルティエ・ブランド初の収納式ローラー、オーバル型高級ライターが誕生します。

1970年、カルティエが香港にオープンします。
1971年、カルティエ・ミュンヘンがオープンします。
1972年、カルティエ・パリの社長にロベール・オックが就任します。
1974年、ボルドーシリーズである皮革製品が発表され、カルティエ東京店(レ・マスト・ドゥ・カルティエ)がOPENしました。
1976年、ヴェルメイユ腕時計が発表されました。
1978年、カルティエのスカーフコレクションが発表されました。

1981年、カルティエの香水マストとサントスが発表されました。
1983年、腕時計パンテールが発表され、アイウェアのマストやVLCも同時に発表されます。
1985年、防水腕時計にヒントをえたパシャが発表されました。
1986年、腕時計マスト21ヴァンテアンが発表されました。
1987年、メゾンドゥカルティエが発表されました。これはテーブルウエアのコレクションです。
1988年、紳士用アクセサリーのコレクションが発表されました。パーソナルラインです。
1989年、腕時計タンクアメリカンが発表されました。

1990年、ハンドバック、パンテールが発表されました。
1991年、腕時計ディアボロが発表され、パンテール万年筆とジュエリーコレクションである、インドギャランも同時に発表されました。
1992年、腕時計ベニュアールコンビモデルとカスクドール、ベルエポック、ミニパンテールが発表され、香水パシャも同時に発表されました。
1993年、腕時計クロノリフレックスムーブメントのクーガー、パシャ、ディアボロが発表され、マスト・ウォッチとエリプスリングを創作。そしてパステル調のクロコダイルミニ・パンテール・ドゥ・カルティエ・バッグを発表しました。
1994年、ジュエリーコレクションのゴールドチャームとナチュラが発表されます。サントス・デュモン・ウォッチの90周年を記念して、限定版である、ピンクゴールドとプラチナを使用したサントス・デュモンを製作します。男性用レザーグッズコレクションではゴールド・オン・ブラックを発表しました。
1996年、腕時計のニューコレクション、パシャC、パシャ、タンクフランセーズを発表します。
1997年、ハッピーバースディドゥカルティエのコレクションが発表されます。腕時計トリニティーとタンクリングも同時に発表されました。
1998年、腕時計サントスガルベが発表されます。
1999年、腕時計パンテールリュバンとコレクションプリヴェパリが発表されました。
2000年、復活限定モデル、腕時計タンクバスキュラントが発表されました。

2005年、カルティエ南青ブティックがオープンします。日本国内では32店舗目となり、外観はダイヤモンドを連想させ、ブルーノ・モワナーがデザインしました。
カルティエの歴史の奥深さがよくわかると思います。歴史あるすばらしいブランドだと改めて感心させられますね。
posted by ハル at 20:05| Comment(34) | TrackBack(6) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

カルティエを支える宝石職人

ジュエリー.bmpカルティエが次々に生み出すあの美しい輝きのジュエリー。
あの美しさを形にする宝石職人たちは、繊細にデザインされた輝かしいジュエリーの原型を、1つずつ丹念に、気の遠くなるような作業工程を繰り返しながら丁寧に形作っていきます。

美しいカルティエのジュエリーには、綿密に計算された工程があります。
原型となるデザイン・スケッチには、宝石が実物大でデッサンされ、工程や色、素材など1つのジュエリーを美しく完成させるために、あらゆる情報が詰め込まれているそうです。

綿密に計算された工程をもとに、美しい輝きのジュエリーは少しずつ完成に近づいていきます。
様々な作業を専門とする多くの職人の手によって作り出される本物のジュエリーなのです。

伝統と技術の結晶であるジュエリーの制作は、一言に例えるとチームワークです。
流れるような作業工程はプライドを持った職人たちの伝統の技術を受け継ぐその姿勢から作られています。

まず、ジュエリーのもととなる原型を作る専門の職人がいます。
そして宝石細工職人はカルティエのジュエリーに使われる宝石を選びカッティングする作業を行いま
す。
最後に担当する職人はジュエリーの仕上げをします。
とても細かい作業を繰り返しながら、世界にたった1つだけのジュエリーを生み出します。
伝統の技術と職人の魂が宿ったジュエリーはとても美しく一生の宝石になります。

まさに、長い年月をかけた伝統と技術の結晶と言えるカルティエの宝石と言えるでしょう。
posted by ハル at 16:18| Comment(0) | TrackBack(1) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

カルティエの腕時計、サントス

9381-1.jpgカルティエの時計サントスとは、歴史が深く、ブラジルの大富豪飛行家であるサントス・デュモンに、腕時計の依頼を受けたことがきっかけとなりました。

行中にハンドルから手を放さずに時間を確認できる時計が欲しい、と相談され、注文を受けたことから腕時計を製作します。

そして1904年にカルティエの腕時計サントスが誕生しました。

当時は、腕時計は一般的な物ではなく、カルティエの生み出したサントスは、世界で初めて成功した腕時計と言われています。
そのデザインは、当時の飛行機内部の計器類を元にしてデザインされ、ビスで留める斬新なデザインは、みなさんがよく知るラブリングやパンテールのベゼル等にも利用されています。

カルティエサントス100は、生還100年を記念して作られたモデルで大きめの腕時計になります。
サイズは横幅が51mmなので迫力のある腕時計で人気があります。

カルティエサントスはデザインも沢山あります。
サントスのポイントは男性でも女性でもユニセックスで使えるようになっていて、ブレスの色使いや、ところどころにアイデアもちりばめてあるので個性的なデザインもポイントになっています。
かっちりとしたスーツや、ボーイッシュなカジュアルな装いにも存在感を与えてくれます。

値段は50万円から200万円です。価格は確かに高い時計ですが、カルティエのデザインにはいろいろな由来があり、歴史的価値もあるので値段の高さはそれぞれの価値観かもしれませんね。
posted by ハル at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

カルティエの腕時計パシャ

887309102_4d6f9aa947_o.jpgカルティエの腕時計、パシャの名前の由来は、モロッコのパシャ(太守)エル・ジャウイ公の名前から名づけられ今に至ります。

そしてエジプトやトルコなど、北アフリカ諸国の高官の尊称をもあらわしています。
パシャ公は、水泳用の防水時計をカルティエ社にオーダーしパシャが制作されました。
これを機にカルティエのパシャ ウォッチは1985年に登場したのです。
パシャは当初、力をイメージしたパワーと重量感あるコレクションでしたが、時代と共に軽量化され、レデースモデルや、95年にはパシャCモデルが登場します。
都会的でユニセックスな性別を問わない人気のコレクションに変化していきました。
また、1970年代から登場したレザーアイテムの中でもパシャのシリーズが展開されています。

パシャの人気の秘訣はドレッシーな中にもスポーティな雰囲気が漂い、エレガントにもカジュアルにもあわせられる所が注目を浴びています。

1943年誕生以来、数多くのバリエーションが作られているパシャの中からエレガントなモデルの紹介です。
ダイヤ入りのグリッドは上品なゴージャスさをアピールしています。
税込みで日本定価3,706,500円、カルティエパシャ、32mmはレディースで文字盤がシルバーになっています。
型番はWJ11934Gです。
値段は高い腕時計ですが、本物の一流ブランドの時計はうっとりさせられる美しさです。
デザインはシンプルですが見事なカルティエのパシャですよ。
カルティエの丸みを帯びた独特のリュウズキャップが個性的になっていて印象的です。
他にパシャC、ピンクの文字盤のモデルもお勧めです。
型番はW31058M7です。
価格は380,000円でユニセックスなので、プレゼントにもお勧めできます。
posted by ハル at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

カルティエの腕時計、タンク

bg01.jpgカルティエの腕時計、タンクは第1次世界大戦で登場した戦車、タンクからその名前がつきました。
ルイ・カルティエが戦車から、二本のバーを組み合わせるデザインを思いつきタンクウォッチが生まれたのです。
タンクウォッチは1919年、第1次世界大戦終了とともに発表されたカルティエの腕時計になります。
1900年当時、時計の構造上、円形の腕時計がほとんどでしたが、タンクは四角い文字盤を使用したデザインで、注目を浴びました。
カルティエの代表的な時計のひとつで、モチーフになっている戦車は、みなさんに愛されています。
さらに、そのタンクウォッチにインスピレーションを受けて作られたジュエリーもあります。

100年経った今でも、愛されるデザインはカルティエのすばらしい歴史の象徴とも言えるでしょう。

カルティエの腕時計タンクは日本価格で38万円くらいになります。
タンクにはデザインが8種類あり、選択の多い時計でもあります。素材とデザインは自分の好きなように選ぶことができますね。
カルティエタンクのポイントは、完全スクエアの所です。
定番タイプはカルティエタンク、フランセーズがお勧めです。

値段は高くなりますが、カルティエタンクアメリカン、レディースのモデルも私のお勧めです。
ベルトはホワイトゴールドで文字盤がホワイトになります。
価格は200万円ぐらいになっています。
八角形のリューズにはサファイヤが埋め込まれていて高級感あふれるモデルです。
ブレスレットは細かい作りになっていて腕に程よくフィットします。エレガントなタンクのモデルですよ。
posted by ハル at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

カルティエの腕時計、ロードスター

885748534_3180c0b33d_o.jpgカルティエの腕時計ロードスターは2001年に登場した、ウォッチコレクションになります。

ロードスターは屋根のない車からインスピレーションを受けて作られたモデルです。
外観は、スポーツカーを思わせるメカニックなデザインで、新しい時代を予感させるような刺激的な腕時計です。
このロードスターのポイントはバンド部分が付け替えられます。
レザーストラップかスティールブレスレットに変えることが出来るので
、1つのウォッチで2つ楽しめてしまう所も大きな魅力です。
価格は日本円で、約98万円位になります。
デザインはカルティエの中でも比較的シンプルと言えるでしょう。

カルティエを代表する腕時計の一つで、スポーティーなイメージを持ちますがレディースモデルでも女性らしさを忘れることなく、どんなファッションにも合わせる事の出来る腕時計です。
メンズ用とレディース用があります。
文字盤のカラーはブラック、ピンク、ホワイトがあり、いろいろな場面で活躍してくれることでしょう。

宝飾時計であるパシャに比べると、ロードスターはどんなスタイルにも合わせやすいアイテムになると思います。
シンプルなデザインなのでカルティエのネックレスや、リングなどと合わせるのもいいかもしれませんね。
男性がさりげなくカルティエのロードスターを身に着けていたら、女性のポイントはかなり高いと言えるでしょう。
カルティエは高級感があり、紳士のイメージが強いのでセンスのよさをアピールできると思います。
posted by ハル at 19:13| Comment(0) | TrackBack(1) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

カルティエの腕時計、マスト21

img10591383165.jpegカルティエの腕時計マスト21は、小ぶりな文字盤と文字盤の外枠に刻まれたローマ数字が特徴的な腕時計です。

マスト21は、1986年に発表され、80年代に21世紀を意識したデザインの腕時計として創られました。
スタイリッシュなフォルムは現代的なモデルで人気があります。
シルバーアクセサリーのようにさりげなく使うことが出来る腕時計は、ファッション性も抜群。
カジュアルにも、フォーマルにも対応できるデザインとなっています。
また、マスト21はフランス語でヴァンティアンとも呼ばれています。
ヴァンティアンとは21を意味します。

わたしがお勧めするマスト21は、カルティエマスト21、SMシルバーレディースになります。
型番はW10109T2です。
幅の広いサテンで、つや消しされているベゼルが特徴的なモデルです。
シルバーの柔らかい質感はサテンならではで、ローマ数字がとてもマッチし、上品な存在感です。
シンプルな色合いですが、スマートにまとめたデザインで、青いスチール針がさりげなく全体の美しさを引き立てています。

地味になりがちなシルバー1色の文字盤でも、カルティエはさりげないブルーをそこに用いて雰囲気を出しています。
スマートなバックルは2箇所を留めるタイプで、引っかからず着脱も簡単です。
裏蓋は6箇所のビス止め部分が雪の結晶のように見え、Cartier must21のロゴとシリアル番号の刻印が刻まれています。
カルティエの腕時計の中では価格も高くないので、マスト21は1番お求めやすいモデルだと思いますよ。
さりげないオシャレを楽しむことの出来る腕時計です。
posted by ハル at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

カルティエの腕時計、ベニュワール

35098.jpgカルティエの腕時計、ベニュワールの名前の由来は、バスタブを意味します。
なぜバスタブなのかと言うと、1910年にカルティエがパーティで楕円形の懐中時計を披露したのを見てマリア・パヴロヴナ公爵夫人が、西洋の浴槽といった為、この名前がつきました。
ベニュワールは、フランス語でバスタブを意味します。
名前の通り、なめらかな高級感あるバスタブを思わせる形ベニュワールは、細長い楕円形の文字盤がポイントになっています。
上品でエレガントなローマ数字を用いた外観が、女性に人気のコレクションです。

私がお勧めするベニュワールのデザインの紹介です。

■カルティエ、ミニベニュワール、レディース品名はミニベニュワールになります。
型番はW15109D8で日本定価は1554000円です。

素材は18Kイエローゴールドで作られていて、ベルトも同様の18Kイエローゴールドになっています。
文字盤はホワイトホワイトです。
時計の時間合わせは、裏蓋にあるボタンを細い針のようなもので押して調整します。
小ぶりですが、イエローゴールドの美しさが前面に出ていてカルティエの存在感が存分に味わえる腕時計です。
シンプルでシックなデザインが人気のミニベニュワールです。

■カルティエ、ミニベニュワールレディース
この腕時計もレディースになります。
型番はWB509531で日本定価は2047500円です。
素材は18Kホワイトゴールドでベルト部分は革とサテンで作られています。
文字盤はホワイトで、縦長の楕円デザインとブレスレットの柔らかいラインが女性らしい印象で人気です。
ベゼルには、ダイヤが2重に取り巻いていて美しく輝き、とても豪華な時計です。
どの角度から見ても輝きを見せてくれるこのデザインはとても豪華な時計といえるでしょう。
posted by ハル at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

カルティエ、トリニティリング

691722_1_500.jpgカルティエのトリニティリングはスリーリング(3連リング)の指輪のことを言います。

トリニティリングの歴史は、ジャン・コクトーが友人である詩人のラディゲにリングを送る為に、ルイ・カルティエに、依頼します。
ジャン・コクトーはこの世に存在しないリングを作って欲しいとオーダーしました。
そして完成したのが、トリニティリングです。
三色のゴールドを使ったデザインは愛、忠誠、友情を表現し、三本が絡み合う美しいデザインを完成させたのです。
ピンクは愛を現し、ホワイトは友情を現し、イエローは忠誠を現しています。

1924年の誕生以来、トリニティリングはベストセラーとなっています。カルティエを象徴するジュエリーの一つとして絶大な人気を誇ります。

3つの輪を絡めたこのデザインはトリニティ コレクションと言い、リングはもちろんですが、他にブレスレットやネックレスなど、幅広いアイテムを送り出しています。

女性がこのトリニティリングをプレゼントされたとき、本当に幸せを感じることが出来るリングと言えるでしょう。

ホワイトゴールドとピンクゴールドとイエローゴールドが豪華にあしらわれた3連リングは、付けた感じも、3つのカラーが使われているため、他のアクセサリーとも相性がよく、色合わせしやすいので、指先を華やかに飾ってくれます。
ピンクゴールドのリング部分にはCartierの刻印が入っています。
細部にまで格調の高さを感じさせてくれるリングは一生の宝物になることでしょう。
posted by ハル at 20:43| Comment(0) | TrackBack(1) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

カルティエのハートをモチーフとしたジュエリー

hmt.jpgカルティエのハートをモチーフとしたジュエリーはカルティエの創設者である、ルイ=フランソワ・カルティエがホールマークとして使ったと言われています。

ハートモチーフのハートは、ヘッドを開くことでCartierのイニシャルであるCをも表現しています。
ハートをモチーフとしたジュエリーは、愛の証であり、大切な人に贈るギフトとしても高い人気を誇ります。
お勧めのカルティエのハートをモチーフとしたジュエリーの紹介です。

私が好きなデザインの一つは、ハートを重ねたペンダントヘッドです。
価格は20万円前後で、ネックレスのトップになります。

2ハートモチーフリングもお勧めです。
このリングはアジア限定での2ハートコレクションになります。
重なり合う2つのハートが寄り添い、ホワイトとピンクのコンビがエレガントで、シンプルな美しいリングです。

そしてカルティエ、Cハートペンダントは18Kホワイトゴールドで作られたネックレスで、艶めくホワイトゴールドがとても綺麗です。
上品なCハートネックレスは年齢を問わないシンプルなデザインなので、様々なシーンで活躍してくれると思います。
クールな大人の女性の胸元を演出してくれますよ。
プレゼントにも喜ばれるデザインです。

他にはキーリングやコットンコードブレスレットなどもあります。

どれをとっても、シンプルな美しいハートのジュエリーです。
ダイヤが入っているデザインは価格も少し高めですが20万〜40万円の間で購入することが出来ます。
他のカルティエのジュエリーとコーディネートすることで、よりいっそうエレガントな装いになることでしょう。
posted by ハル at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カルティエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。